音符 稲舟妙寿小唄三味線教室 小唄音符

最新の日記は → こちら
 
平成17年9月18日(日)
  小唄を習い始め 早2年半!

  粋な趣味と思い、習い始めたが・・・・

  未だ、粋に唄うことが出来ない。

  でも、最近、喉に変化が現われてきました。

  自分で実感できるほど、声が素直に喉を通って出てくるようになりました。

  そうなってくると、練習も楽しくなってきます。

  どんなに上手になりたくても、なかなか練習は億劫なもの!

  これからは、毎日、一回でもいいから唄うことにします。

  それが上達への一番の早道なんだろうな〜〜

  そして

  うふふっ!

  粋に〜〜〜 芸者遊び  の日が・・・
   
平成17年9月4日(日)
  日記を書くのを すっかり サボってしまいました

  しかし、お稽古は 皆勤賞ですっ!

  さて、昨日は 当地のクラブに飲みに出かけました。

  当地で唯一、ホステス全員が和服を着ているお店です

  お店に流れる音楽は いつも長唄・端唄・新内・・・

  また、そこのママは春日小唄を習った方

  あくまで、和を大切にするママです。

  最近の日本人って、

  相手に気に入られよう、気に入られようって

  気持ちの方が強く、人気取りするのが一番って風潮があるけど

  そういうのって 心地いい点もあるけど、すぐつまらなくなる・・・

  和食のお店でもジャズを流すお店が増えたり

  日本酒も、特徴のあるお酒が減ってきています

  和の心が形にならず、消滅していってしまう時代の中

  このクラブは、わたしにとっては貴重なお店です。

  また、ママが「稲舟が今名古屋の小唄で一番上手ですね」って

  褒められちゃいました

  さて、今日からもまた練習に励むぞ〜〜〜〜
  
平成17年7月17日(日)
  無事に小唄の発表会も終わりました

  というか、あれから2週間が経ちました。

  毎回、家族やら 友人が聴きに来てくれます

  その折に、わたくしの唄と三味線をビデオに録画してくれます

  そして、家に帰って、家族でそのビデオを見ます

  「お父さんっ!前回より上手になったね」と・・・

  子供たちの心温まる励みに、つい調子に乗り

  「次回は もっと上手になってるから、聴きにおいでね」と言うと、

  「ええ〜〜〜っ! また聴きに行かなくっちゃならないの?」

  とほほ・・・
  
続きは → こちら
もどる