粋でおしゃれな三味線が今ブーム

恋の立引

作詞:平野豊

恋の立引思案の外の三百両
飛脚為替の封切って
世を忍ぶ身の忠兵衛と
「大坂を立ち退いても、
私が姿目に立てば、
借駕籠に日を送り、
奈良の旅籠屋三輪の茶屋、
五日三日夜を明かし、
廿日あまり四十両遣い果して二歩残る。」


馴れぬ旅路を梅川が
包む色香の頬冠り
金ゆえ大事な忠兵衛さん
科人にならしゃんしたも私から
大和新口村へ
親子舅のこの世の別れ
噂を残して消えてゆく
(と角浮世は ほんい 昔も今も
色・金・思案の三つ巴
ご要心要慎)


今すぐ聴く


戻る



【ご連絡先】
稲舟妙寿 小唄・三味線教室

(事務局) 一寿(いちじゅ) 090-2187-5627
お気軽にお問い合わせください

名古屋市名東区富が丘58
TEL052-771-5293(午前中)
 FAX052-771-5293(留守時は当FAXで)

Copyright (c) 2006 "Tanosii" syamisen to kouta All right reserved.